仕手株を知らずして株をやるべからず

集団で巨額の資金を使い、思い通りに利益を出そうとしている株の銘柄を仕手株と呼びますが、これらにはメリットは存在するのでしょうか、仕手株に乗っかるか乗っからないかはあなた次第です

仕手株として人気であるパスの下落の予想について

仕手株は仕手筋が買い集める株式銘柄のことですが、ネット上の仕手株情報サイトやブログなどでも紹介されている企業にパスという会社があります。パスは仕手株として人気の銘柄の一つで、よく情報サイトにはチャートなどと一緒に紹介されています。

パスは、2007年3月に東証マザーズに上場した情報・通信業に所属している会社で、連結で従業員が16名の企業です。主な事業内容としては、旅行・決済代行関連の事業を行なっています。

現在は企業再生の専門家を招いて再生を図っていることで、今後の事業の動向が注目されています。仮に再生計画がうまく行けば、株価についても織り込まれる可能性もあることで期待が持てる銘柄でもあります。

パスが仕手株として人気を浴びているのは、東証マザーズに上場した当初は一株が69万円台であったのが一気に下落して、その後低迷、上場来安値の154円を記録するまでに至り話題も豊富だからです。現在では300円台までには回復しましたが、高騰と下落を何度も繰り返していることから、値動きが激しい仕手株としても紹介されることが多い会社となります。

しかもこのパスの株価の特長としては、再生のニュース材料が出るたびに高騰が起こり、それまで売られ続けたことによる下落が大きいほど、その反動として一気にストップ高で張り付く展開もしばしば見られます。また一気に高騰を展開していたかと思えば一気に下落したり、徐々に株価も下落していくという特徴もあるので、仕手筋の動きにもよく似ている点もあります。

パスの買いの工夫としては、25日移動平均線や75日移動平均線から大きく下に乖離している点で買いを入れ、それが2つの移動平均線より大きく上放れした点で下落を予想し、売りを行なう手法が適切です。なお上昇のサイクルも短いので決めた指値で約定することをあらかじめ設定しておくと良いでしょう。

■色々なサイトからの情報収集は大きな利益につながります
稼げる仕手株のまとめサイト
株主優待おすすめランキング|ゼロからの株式投資