集団で巨額の資金を使い、思い通りに利益を出そうとしている株の銘柄を仕手株と呼びますが、これらにはメリットは存在するのでしょうか、仕手株に乗っかるか乗っからないかはあなた次第です

カイオムバイオ等なぜ上がるという株が仕手株なりやすい

仕手株というのはなぜ上がると思うような、銘柄を標的にして行われやすいものとなっています。
それではなぜこのような銘柄が仕手株として狙われるのかというと、利益をあげるために一番重要な株価の吊り上げを行いやすいためです。
仕手株は密かに集めた株を自ら株価を吊り上げ売りぬくものですから、とにかく株価を吊り上げることができる銘柄でなければ、上手くいきません。
そして、株価を吊り上げやすい銘柄というのはなぜ上がるという銘柄に多いので、このような銘柄が標的となりやすいものとなっています。

カイオムバイオサイエンスは赤字のバイオ企業であり、業績だけで考えれば株価が上昇するとは考えにくい銘柄となっています。
それでもバイオ株というのは期待によって買われる銘柄でもありますから、何かひとつの材料が出た時に大きく吹き上がることもありますが、そのような時に明らかに過熱気味に株価が上昇することが多いのですが、これは仕手筋が入ってる可能性が高いことを示唆したものでもあります。
仕手筋はバイオ銘柄のように賛否両論のある銘柄を密かに買い集め、株価を吊り上げるチャンスを虎視眈々と狙っています。
そのような時に大きな材料が出たりすれば、それに乗じて更なる株価つり上げを行い、十分に高くなったところで仕込んだ株を売りさばくのです。
バイオ株というのは定期的に上昇するような材料にも事欠かないものであるため、仕手筋自らがつり上げを開始しなくても自然と吹き上がる瞬間があるので、それに乗じて仕手を成功させることもあります。
そのため、バイオ株に投資をする時にはその仕手株にも巻き込まれる可能性があるということを覚えておくと、売買のタイミングを失敗しなくて済みます。