集団で巨額の資金を使い、思い通りに利益を出そうとしている株の銘柄を仕手株と呼びますが、これらにはメリットは存在するのでしょうか、仕手株に乗っかるか乗っからないかはあなた次第です

協立エアテックとバンダイナムコは仕手株になりやすい?

東証一部の規模の大きなバンダイナムコホールディングスと、規模は小さいけれど配当の良い協立エアテックではどちらの企業に投資をしようかと悩んでしまうこともあるものですよね。
安定性といった面で考えれば、東証一部で規模も大きいバンダイナムコホールディングスの方が安心感がありますが、配当もよくて成長も期待できる協立エアテックも捨てがたいものです。

このようなふたつの銘柄を比較検討をしている時に、もし選んだ銘柄が仕手株化してしまったらと考えたのであれば、そのような時にはどちらが仕手株化しやすいかをよく考えてから購入する株を選ぶとよいでしょう。
仕手株の条件として目立たずに株を買い集めることができるということと、株を買い集めた後に株価を吊り上げやすいという大きなふたつの条件があります。

まず、株の買い集めやすさですが、これはバンダイナムコホールディングスの方が株数も多く取引量も多いので、ある程度大量に購入をしても目立つようなことはありません。
一方、協立エアテックの場合には一日の取引量がそれほど多くありませんから、買い集めるには時間を掛ける必要があります。
次に株価の吊り上げやすさですが、バンダイナムコホールディングスの株価を吊り上げようとすれば相当な資金力がなければ、吊り上げることが出来ません。
しかし、協立エアテックであれば買い集めるのが難しい代わりに株価の吊り上げ自体は企業の規模も小さいことから、吊り上げは比較的容易に行うことができます。
そのため、どちらが仕手株として選ばれやすいのかというと協立エアテックということになるのですが、協立エアテック自体は業績にも問題がない企業であるため特別仕手株に選ばれやすいということもないため、ふたつを比較した場合協立エアテックのほうが仕手株に選ばれやすいという程度になるという具合になっています。